イラク戦争15年に寄せて⑤

March 9, 2018

相手のことを知ってみることで気がつくことがたくさんあります。

イラクってどこにあるの?イスラム教ってどんな宗教?どうして戦争がおこるの?

日本の暮らしの中で浮かんでくるシンプルな疑問に触れてみると

世界とつながるきっかけを誰しもが手にすることができます。

私にとってもイラクとつながるきっかけはそこにありました。

イラクとこれからも関わっていきたい。

いつもそう想っています。

 渡部陽一(戦場カメラマン)

 

 

イラク戦争では日本も参戦国です。日本政府は米国を全面支持し、自衛隊の派遣を行ない、戦争遂行のため、数千億円のカネを準備しました。そのことを日本人は忘れてしまったのでしょうか。今も犠牲となっている多くのイラクの人びとに対する責任は、私たち一人ひとりにあります。私たちは何をすべきなのか。私たちの責任を果たすため、考え続け、行動していきましょう。

野中章弘(ジャーナリスト/大学教員)

 

 

このメッセージを書いている今、イラクにいます。 モスルの街は「イスラム国」とイラク政府・有志連合軍の戦いで破壊され、 イラク政府によるクルド自治政府への制裁で緊張状態が続き、 民族、宗教の間の関係もさらに複雑になっています。

そして隣のシリアではアフリンのクルド人がトルコ軍に攻撃され、 ロシアが支援するアサド政権によって東ゴータ地区が激しい空爆にあっています。

次から次に起こる出来事に、イラク人にとってイラク戦争とは、どう思い出すものなのだろうと考えます。イラク戦争の記憶もない、その後の混乱が日常の若い世代も多いように感じます。 日本を含め掛け違えたものは何だったのか。今の状況を見間違わないためにも・・・

伊藤めぐみ(映画『ファルージャ』監督)

 

3.18イラク戦争15年記念イベント IRAQ DAY

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Follow Us
Please reload

Search By Tags
Please reload

Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square