『紛争現場から考えるー改憲よりもやるべきこと』

November 13, 2017

 

 IS(いわゆる「イスラム国」)からのモスル奪還

情勢が改善したかのように見えたイラク。

だが、クルド人自治区の独立に向けた住民投票に対し、

イラク中央政府は、軍を差し向け、内戦の危機が高まっている。

イラク開戦から14年余り、今なお混迷が続く状況を、

イベントの前半で現地から帰国した面々が報告。

 

後半は、この秋の衆院選で改憲勢力が国会の3分の2を占めたことを受けての

緊急座談会。

加速する改憲の動きに対し、

紛争の現場で取材・活動してきたジャーナリスト、人道支援関係者が、

日本と世界の平和のため

「改憲よりも、もっとやるべきこと」を提言。

日本国憲法の理念をどう実現していくかを模索していく。

 

【日時】11月23日(木・祝)13時半~17時

【会場】専修大学神田キャンパス 5号館5階551教室

【出演】志葉玲(ジャーナリスト)

    佐藤真紀(日本イラク医療支援ネットワーク)

     高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)

    +α(調整中)

【資料代】1000円(カンパ歓迎)

【主催】『11/23 イラク報告&緊急座談会』実行委員会

【共催】イラク戦争の検証を求めるネットワーク

【お問い合わせ】090-9328-9861(しば)

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Follow Us
Please reload

Search By Tags
Please reload

Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square